ハロワ 転職支援求人ネット

現在の検索条件を非表示にする

  • 静岡県

静岡県

の採用情報検索結果41,280件中 1 - 25 件を表示

保育士の職業について

・どんな職業か

仕事を持っているなどの理由から、保護者がすべての時間、子どもの面倒を見ることができない場合に、保護者に代わって、小学校に上がる前の子どもたちの保育をする。 幼稚園の教師は、子どもの「幼児教育」をするのが主な仕事であるが、保育士は、乳児から小学校入学前の子どもを預り、保護と世話をする仕事が中心である。 保育士は、子どもが保育所にいる間、昼食やおやつを食べさせながら食事のしつけをしたり、着がえを身につけさせたり、昼寝をさせたり遊ばせたりする。また、子どもたちの年齢に合わせた、音楽・リズム・絵画・工作・自然観察などの幼児教育も行う。 保育所にはゼロ歳から6歳までの子どもがいるので、担当する子どもの年齢によって、仕事の内容や対応の仕方が異なる。乳児を保育する場合には、授乳やおむつの取りかえなども行う。 常に子どもをよく観察して、具合が悪くなったり、事故にあったりした場合は、保護者や病院に連絡をとるなど、すぐに適切な処置を行う。また、帰りには、それぞれの子どもについて異常の有無を確認し、持ち物の整理を手伝い、迎えに来た保護者に必要な連絡を行う。 また、行事などの計画を立てたり、保育日誌を記録するなど、事務的な仕事もある。

・保育士に就くには

保育士として働くには、保育士資格を取ることが必要である。資格を取得するには、養成課程のある学校や施設を卒業する、あるいは保育士試験に合格するという、2つの方法がある。 養成課程の多くは、大学や短大、または専門学校の中に2年以上の課程として置かれている。最近では、保育士として採用される人のほとんどが養成課程のある学校の卒業者である。 保育士試験は各都道府県で年1回以上実施されており、短大・高等専門学校卒業者(大学に2年以上いて教養課程を修了した者を含む)や、児童福祉施設において5年以上(高校卒業者は2年以上)児童の保護に従事した者が受験できる。 なお、保育士資格を持っている人は、児童館などの児童厚生員、児童自立支援施設の児童生活支援員にも就くことができる。 保育士は多くの子どもと接するので、健康と体力が必要である。 子ども好きで、一人ひとりの子どもに理解と愛情を持ち、責任感があることが求められる。子どもの健康状態などに異常があればいち早く対応できるよう、簡単な応急処置などの知識とスキルも必要である。

・労働条件の特徴

保育士の9割以上が保育所で働いている。ほかには、児童養護施設、知的障害児施設、乳児院、重症心身障害児施設などが職場になる。病院で長期入院の子どものための保育に当たったり、各種の施設や事業所が利用者や顧客のために行う臨時託児業務を担当するなど、保育士の資格や経験が役立つ職場も広がってきている。また、就労と子育ての両立支援を目指す方向で保育所の役割が見直されており、長時間保育や夜間保育、休日保育など、様々な形の保育が行われるようになっている。 賃金は、公営の施設で働く場合は、公務員の給与基準に従って定められている。 労働時間や勤務形態は施設によって異なり、児童養護施設など24時間入所施設では、2交替制や3交替制、あるいは宿直勤務を行う場合もある。保育所では早朝や夕方に保育時間を延長しているため、交替で時差勤務をしている場合が多い。休憩は、子ども達が昼寝をしているときなどに交替でとることが多い。 少子化は進んでいるが共働き世帯の増加や、利用者の多様な保育ニーズに対応する動きもあり、国としても保育施策の充実を掲げていることから、引き続き人材需要が見込まれる。

・参考情報

関連団体 全国保育士会 http://www.z-hoikushikai.com

厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課 http://www.mhlw.go.jp

関連資格 保育士

高等学校教員の職業について

・どんな職業か

高等学校(中高一貫校を含む。以下高校という)において、それぞれの担当教科を専門家としての学識をもって生徒に教える。 高校では、中学校までの義務教育を終えた生徒に、さらに高度で専門的な教育や指導を行う。そのため、高校の教員には担当する教科について、優れた専門家としての学識や指導力が求められる。 高校教員の仕事の中心は、それぞれの担当する教科を生徒に教えることである。高校で教える教科・科目は様々で、普通教科として国語・社会・数学・理科・保健体育・芸術・外国語があり、また専門教科として外国語(普通教科以外)・家庭・農業・工業・商業・水産・看護・理数・体育・音楽・美術などがある。高校は中学校に比べると一つの学級の生徒数も多く、教科の専門化も進んでいるため、教員はふつう一人一教科を担当している。 この他に、学校が創意工夫を生かした教育活動を展開する「総合的な学習の時間」、ホームルーム活動、生徒会活動、クラブ活動、学校行事についても指導する。さらに個々の生徒に対する生徒指導や進路指導なども行う。学級を受け持つこともあり、成長期の生徒を学習面だけでなく、精神面においても望ましい方向に指導していくことが求められる。

・高等学校教員に就くには

大学で高等学校教諭免許状を取得し、都道府県の教員採用試験または私立高校の採用試験を受けて、合格するのが一般的である。 教育職員検定試験に合格して特別免許状を取得し、高等学校教員になる道もある。 教員となった後も、専門教科や生徒指導などの能力向上のための研修が盛んに行われている。 担当する教科についての専門的な知識や技能の他、一般的な教養、生徒を指導する熱意と適性、最近ではカウンセリングなど相談に関する知識や技術なども求められる。

・労働条件の特徴

高校には、昼間に授業がある全日制高校、働きながら学校に通う生徒のため夜間に授業をする定時制高校がある。また、国語・数学など普通教科を中心に学ぶ普通科(普通高校)、専門教科を中心に学ぶ農業科、工業科、商業科などの専門学科(専門高校)、自分の希望の科目を自分なりの学習計画で学ぶ総合学科(総合高校、単位制高校)がある。 常勤の教員は中学校とほぼ同数であるが、高校では中学校に比べて学習内容が難しくなるため、校外から専門家を非常勤講師として招く場合も多い。女性教員は全体の3割以上である。 労働時間は、月~金曜日は1日8時間勤務であり、公立高校の場合、平成14年度から学校(完全)5日制が導入され、土曜日も休日となった。定時制高校の場合は午後から夜間にかけての勤務となる。 小・中学校に比べると担当する授業数は少ないが、内容が専門化しているため、準備に要する時間が多く必要となる。 また、小・中学校に比べ、学習やクラブ活動などの面で学校による取り組みや校風の違いが大きく、担当教科以外の生徒指導の時間や校務の分担などは学校により異なる。 少子化などによる生徒数の減少に伴い、教員数も減少していくと見られるが、教員1人当たりの生徒数削減など教育条件改善の措置がとられるので、急激な減少というよりは、ゆるやかな下降線をたどると予測される。

・参考情報

関連団体 文部科学省 初等中等教育局 教職員課 電話:03-6734-2453 FAX:03-6734-3742

文部科学省 初等中等教育局 教育課程課 電話:03-6734-2076 FAX:03-6734-3734

文部科学省 初等中等教育局 参事官室 電話:03-6734-2904 FAX:03-6734-3744

日本私立中学高等学校連合会 電話:03-3262-2828 FAX:

都道府県教育委員会 電話: FAX:

関連資格 高等学校教諭 高等学校教員採用試験

化粧品訪問販売員の職業について

・どんな職業か

家庭や職場を訪問しながら、スキンクリームや口紅、ファンデーションなどの化粧品を、顧客の美容相談にのりながら販売する。 まず、所属する営業所で開かれる朝のミーティングに参加し、自分の販売計画や目標を確認する。その後、自分の担当する販売地域の家庭を訪問する。訪問先では、顧客の肌の状態や手入れ方法について会話をしながら、保湿クリームやメーキャップの方法などの専門的アドバイスを行う。顧客が購入の意思を示した場合は、勧誘の最初にあらかじめ知らせている価格を提示し販売の契約をする。季節ごとに発売される新商品の紹介を行うこともある。最近では多様化するニーズに応えて、健康食品や女性用下着などの販売を行うこともある。販売後は、顧客の肌の状態や、商品に対する満足感をたずねるなどのアフターサービスを行う。購入した商品の返品を顧客から求められた場合、クーリング・オフ制度によって速やかに返金作業を行うこともある。

・化粧品訪問販売員に就くには

入職にあたって特別な資格や学歴は必要とされない。ただし、初対面の顧客に訪問活動を行う必要があるため、信頼感を与えられるような人物であることが求められる。 採用は随時、化粧品メーカーの各営業所単位で受け付けている。 就業形態のほとんどはパートやアルバイトで、化粧品メーカーと委託販売契約または売買契約を結ぶ形態が多い。 販売員として採用されると、化粧品メーカーで講習や研修を受ける。内容は、化粧品の基礎知識や美容の基礎知識、具体的な訪問販売の方法などで、未経験の人にも対応した研修体制が用意されている。基礎知識を習得した後、実際の販売業務に就くが、その後もメーキャップやマッサージの方法など、業務関連知識や教養を深めるための研修が個人のレベルに応じて行われる。販売員としての実績を上げて実力がついてくると、営業所を開設する道が開ける。営業所は、化粧品メーカーの支店と販売員をつなぐ場所であり、販売活動の最前線としての役割だけでなく、商品管理、販売員の指導育成などの役割も増えるが、販売員よりも高い収入が見込まれる。 この職業に就く適性として、商品の良さや販売員本人の人間性を理解してもらえるまで訪問を続けられる根気強い性格が望まれる。 そのほか、相手の立場に立って、肌の健康や美容について相談にのれるだけの人間性が求められる。

・労働条件の特徴

営業所は全国に分布しており、販売員が転居した場合でも、経験を生かして働ける。就業者のほとんどは女性で、主婦層が中心である。 収入の大部分は完全な歩合制である。歩合の割合は均一ではなく、月間売上が多くなればなるほどマージンは大きくなる。労働時間は、販売員個人の都合で決められる。未経験の人でも販売を行えるよう、通常は営業所、支店、販社等が無料で開催する研修会・勉強会に参加した後に、実際の販売活動に入る。さらに高度な内容の研修も用意されており、熱心な販売員はプロになるために様々な努力をしている。実際の販売活動で、通常は、朝のミーティングに出席した後で営業活動を開始するが、家庭の都合などでスケジュール調整を行うこともある。経験を積んだ販売員の場合、自由裁量の部分が多くなり、生活と仕事の両方を楽しむライフスタイルを確立する人も多い。 昨今では、化粧品を通信販売やインターネットでの販売で購入する人が増え、訪問販売員の労働需要は縮小傾向にある。入職してから1年間までは離職率が高い傾向にあるが、その時期を経過すると勤続年数が長くなる。最近では、人との関わり合いを避ける都市文化の影響から入職者は少なくなってきているが、人との交流を通じた温かみのある販売の良さも見直されてきている。

・参考情報

関連団体 社団法人 日本訪問販売協会 http://www.jdsa.or.jp/

板前の職業について

・どんな職業か

日本料理には会席料理や懐石料理、天ぷら料理、うなぎ料理、鳥料理など様々な種類があり、これら各種の料理を調理しているのが板前である。 板前は日本料理調理人とも呼ばれる。 日本料理は割烹(かっぽう)料理とも言うが、割烹とは材料を「切って煮る」という意味で、日本料理の基本を表している。 まず、新鮮な材料をきれいに水洗いし、出来上がりを考えて包丁で切り、下ごしらえをし、煮たり焼いたり揚げたりしながら味付けをする。このとき、出来栄えを左右する加熱時間と火加減には、十分気をつける必要がある。また、何を使ってどの時点でどのように味付けるかということも、料理人の腕次第である。 調理を終えると料理を器に盛る。日本料理は味覚だけでなく、盛り付けの美しさや季節感を大事にしているので、器選びと盛り付けも重要な仕事となる。また、料理の味を左右するのはやはり材料であり、新鮮で良質な材料を仕入れるために朝早く市場へ行き仕入れることもある。

・板前に就くには

入職にあたって、学歴や資格は必要ない。高校、大学などを卒業後、新人として就職し見習いとして修業する場合と、調理師免許を取得して入職する場合がある。修業をしながら調理師免許を取得する者も多い。 ふぐ料理の場合、ふぐの持つ猛毒による中毒事故を防ぐためにほとんどの自治体ではふぐ調理師資格を必要としている。 最初は店に住み込んで修業することもある。最低2年は修業を積み、一人前になるには10年の経験が必要であるといわれている。 立ち仕事のため、体力と忍耐力を必要とする。また調理する上で細かい作業があるので手先の器用さも必要とされるが、一番必要なことは料理に興味があり、優れた味覚を持っていることである。

・労働条件の特徴

会席料理、懐石料理、てんぷら料理、うなぎ料理、ふぐ料理などそれぞれを専門とする日本料理店、高級料亭、旅館、一般食堂などで働いている。その他に、病院などの公共施設、企業の食堂や保養所などでも仕事がある。 洋食に比べると少ないが、和食に関しても、集中キッチンでかなりのところまで調理し、店舗では簡単な調理を行う和食レストランチェーンも都市部を中心に増えている。 板前は、以前はほとんどが男性であったが、最近では女性の進出も目立っている。 日本料理店は、午前11時から午後2時までと午後5時から10時頃までを営業時間としている店が多い。営業時間が長かったり、年中無休のところでは出勤時間をずらしたり、交替で休みをとっている。 給料は、働く店の大きさや、高級料亭か一般食堂かなどによって違う。どのような料理店で何年働いたかというキャリアが重視される世界であり、経験や技術によっても差が出てくる。

・参考情報

関連団体 社団法人 日本全職業調理士協会 http://www.japca.or.jp

関連資格 調理師 専門調理師・調理技能士 ふぐ調理師

そば・うどん調理人の職業について

・どんな職業か

そばやうどんを調理するのがそば・うどん調理人である。 この仕事に就くには、下積みに耐えて経験を積むことが必要だが、一人前になれば開業もできる仕事である。 入店したての頃は店内の清掃や食器洗い、配ぜんや出前などの補助的な仕事が中心となる。そして先輩の指導や見よう見まねを通じて、だんだんと材料の仕入れ、麺づくり、麺のゆで・洗い、汁取り、具の調理、盛り付け、丼物の調理を覚えていく。 そば粉やかつお節など材料の良し悪しによって、味に大きな差が出るので、材料についての知識と見分け方が重要になる。麺づくりには、機械打ちと手打ちがあるが、いずれもかなりの経験を必要とする。また麺をゆでるには、火力や時間に細かな注意を払う必要がある。汁取りは店によって最も違いが出るので、常にその店の味を出せるよう、技術と味覚を鍛える。おいしさを追求する、奥の深い仕事といえる。素材や作り方にこだわり、名人芸と呼べる味を出し、その味がマスコミの話題になるような店もある。 一方、うどんに関しては、セントラルキッチンで加工し、安く客に提供するチェーン店も都市部では広がっている。

・そば・うどん調理人に就くには

学歴や資格は必要とされないが、なにより料理が好きであることが求められる。健康と充分な体力も不可欠である。衛生法規や栄養学、食品学の知識を身につけるために、入店後でも良いので、調理師免許を取るとよい。 一応の技術を習得するのに、およそ5年程度かかる。独立をめざす人は10~20年修業して技術をマスターし、経営ノウハウを学んでから、自分の店を開業することが多い。絶え間ない向上心を持つこと、客に対するもてなしの心が大切である。 都市部のうどんのチェーン店は、直営店とフランチャイズ店があり、直営店では正社員の店長候補とパート、アルバイトを募集している。ある程度経験を積み、資金を貯めフランチャイズ店を持つ人もいる。チェーン店ではセントラルキッチンで調理を済ませたものを各店舗に配送するため、パート、アルバイトが調理を行っている。 「調理師」や「専門調理師」の資格を持っていると、給料面で評価する店もある。

・労働条件の特徴

そばのみの店、うどんのみの店も多いが、そば、うどん、飯物(丼物が多い)などをまとめて扱っている場合もある。また、扱うメニュー数もモリそば単品の店から100数種類に及ぶ店まである。従業員数は平均6人程度で比較的小さな店が多く、個人経営の店が半数を超えている。このような従来からの店は、経営者が50~60歳代、従業員は20~30歳代ということが多い。 店の営業時間は午前11時半から午後8~9時ぐらいが多い。営業時間の前後に仕込みや後片付けがある。昼食後いったん店を閉めたり、ローテーションを組んで交替で休憩や休日を取る。 仕事はすべて立ち仕事で、昼食時はお客が集中し、息つく暇もない忙しさとなる店もある。

・参考情報

関連団体 社団法人 日本麺類業団体連合会  全国麺類生活衛生同業組合連合会

http://www.nichimen.or.jp/

ハンバーガー店マネージャーの職業について

・どんな職業か

ハンバーガー店マネージャー(店長)は、味、品質、サービスの維持・管理、店舗の販売促進、アルバイト店員の教育・管理など、店全体を管理する役目を本社からまかされている。 その意味で、マネージャーは企業の社員でありながら、ハンバーガー店全体を運営する「ミニ経営者」といえる。 マネージャーの下では、ハンバーガーを調理し、販売するアルバイト店員が働いている。学生や主婦など様々な人たちがアルバイトとして働き、明るくテキパキとした応対で、ハンバーガー、飲み物、フライドポテトなどを提供する。 忙しいときには、マネージャーもハンバーガーの調理・販売を手伝うこともある。 また、他にセールス分析、資材発注などのデスクワークや周辺事業所との交渉など多様な業務を行う。

・ハンバーガー店マネージャーに就くには

アルバイト店員は働きながら仕事を覚えるが、正規の社員である マネージャーは、各企業の養成機関で養成訓練を受ける。期間は3~6ヶ月くらいで、店の運営などについて集中的に勉強する。年齢は特に制限はないが、若い人が求められている。 最初はアシスタントマネージャーとして各店舗で勤務し、昇進試験をパスして、「食品衛生責任者」などの資格を取得した上でマネージャーになる。 マネージャーには、アルバイト店員を統率・指導する能力(リーダーシップ)のほか、サービス業が好きであること、衛生知識、売上げを管理する能力などが求められる。 ハンバーガーショップはチェーン展開しているが、店舗としてはチェーン経営会社が直接経営を行っている「直営店」と、フランチャイズ契約を結んだオーナーが経営者である「フランチャイズ店(FC店)」の2種類がある。FC店ではオーナーが店長を兼ねている場合もある。また、正社員としてハンバーガーチェーン会社に入社した者が、オーナーやオーナー店長として独立するケースもある。

・労働条件の特徴

全店舗の7割が関東、近畿、東海にあるが、店舗は全国に展開している。 朝早くから夜11時ごろまで営業しているので、2~3交替制で働く。また、土、日、祝日も営業しているので、休日も交替で取る。 スタッフは2~3名の社員とアルバイトである。アルバイトは時給制であるのに対し、社員は月給制である。 ハンバーガー店は、この30年ほどの間に業績を順調に伸ばし、成長してきた産業である。近年、BSE(牛海綿状脳症)の国内発症などの問題で大きな影響を受けたが、今後は、消費者の嗜好の多様化を背景に、安定的に成長していくと考えられる。

・参考情報

関連団体 社団法人 日本ハンバーグ・ハンバーガー協会 電話:03-3245-0228 FAX:03-3279-2730

関連資格 食品衛生責任者

タイヤ製造工の職業について

・どんな職業か

タイヤ製造工は、ゴム、繊維・スチールワイヤなどの材料を組み合わせ、整形・加硫して大小各種のタイヤを製造する。 まず、原材料となる天然ゴム、合成ゴム、カーボンブラック、各種薬品を均質に練り合わせて配合ゴムを作る。この工程は精錬工程と呼ばれ、大型の機械を操作して行う。 次の成形工程では配合ゴムを帯状にし、タイヤ1本分の長さに裁断したトレッドにタイヤの強度を増すため、ナイロンなどの化学繊維やスチールワイヤからなるタイヤコードやビードを機械を使って貼り合わせて、1本ずつタイヤの形にていねいに成形する。 成形工程でできた生タイヤを金型に入れて所定の温度で一定時間加熱し、配合剤の中の硫黄とゴムを化学結合させる加硫工程を終え、表面の仕上げをして検査した後、合格品のみを出荷する。タイヤは生命にかかわる商品であるため検査は特に重要である。

・タイヤ製造工に就くには

入職にあたって、特に資格や学歴は必要とされない。新規学卒者の一般的な学歴は工業高校が多い。 入職すると、最初は安全や品質の知識について研修を受ける。その後、簡単な作業から始め、半年から一年もたてば、重要な主作業を担当していくことになる。経験を積み、知識が豊富になってくると、班長や職長、主任、係長などといった監督職、あるいは管理職となり、部下を任せられることになる。 深夜勤務があるため、気力、体力、健康が必要とされ、さらに最近のコンピュータ化に対応・習熟することが求められている。また、作業はチームで行うので、チームワークや協調性が大切である。

・労働条件の特徴

国内でのタイヤ製造は大型の設備投資を必要とするため、大企業数社のみで生産されており、工場は輸出や自動車産業への納入に便利なところに集中している。 勤務形態は深夜労働を含む3交替制勤務で、残業は少なく、労働時間は他産業に比べ短い。休日は交替でとり、夏休みや正月休みは長くとれる。 深夜労働があるため、タイヤ製造工のほとんどは男性である。正社員を中心として一部に季節工、アルバイト、パートタイマーが見られる。 労働需要は横ばいであるが、機械化が進んでいるため、新規採用は比較的控えめである。

トラック運転者の職業について

・どんな職業か

トラックやトレーラーなどの貨物自動車を運転して国内の貨物輸送を行う。 運送会社で働く運転者は、会社に出社するとトラック、コンテナ専用車、タンクローリーなどの車両の点検を運行前に行う。運送管理者の点呼を受けた後、発煙筒や手旗などの非常用の携行器具、運行記録紙の装てん、運転日報や輸送伝票の受領などの手続きもある。その後、車両に乗り込み運転を始める。指定の時間に依頼主の出荷場所へ行き、伝票内容と荷物が合っているかを確認して車両に積み込む。目的地まで運び、指定された場所で荷下ろしをして、受領印を受ける。作業完了後は車両を回送して帰社するが、終業に当たっては、車両を点検し、運行管理者の終業点呼で輸送、道路状況、車両点検結果などの報告を行う。輸送伝票、運行記録紙を返納し、運転日報に必要事項を記載する。 1日に数回反復して運搬する場合や中・長距離運行、各都市のトラックターミナルを相互に結ぶ定期路線の運行など、様々な形態がある。 運転中に交通事故、貨物事故が発生したときは、運行管理者に連絡し、指示を受けて適切な措置をとる。

・トラック運転者に就くには

高校、大学の新卒者で就職するほかに中途採用で入職するケースも多い。普通自動車運転免許を取得する必要があり、最大積載量5トン以上の車を運転するには、さらに大型自動車運転免許が必要になる。 新聞の求人広告や公共職業安定所での求人、従業員の縁故などを通じて運転者として採用された後、約1~3カ月の一定期間を試用または見習い期間として過ごし、訓練を受ける。職場の各管理者、作業指揮者などから実務知識、就業規則、労働協約などの講習、接客についての技術や作業技術などを学んだ後、近距離運転から運転業務に従事する。その後、一般的には班長、組長、主任などへと昇進する。また事務管理職へ登用される場合もある。 長時間運行や深夜運行の場合もあり、健康管理が大切となる。用務・貨物によっては接客の機会もあるので、清潔な服装、親切な応対などを心がける必要がある。

・労働条件の特徴

勤務先は比較的、全国に広がっているが、大都市を中心に集中している傾向もみられる。 給料はほとんどの会社が月給制となっており、給料のうち基本給以外の運行手当や歩合給、時間外手当などの変動給の占める割合が4割程度に達する。 週休2日制を導入している企業が多いが、輸送の形態によっては深夜運行の場合もある。運転者のほとんどが男性だが、女性の進出も見られる。平均年齢は高齢化の傾向がある。 長時間労働の改善、福利厚生施設の整備をはじめ、事故防止や過労運転防止などのために努力が払われている。 今後も貨物自動車は国内貨物輸送の中枢をなすと考えられており、物流に占める割合の重要性は将来的にも変わりがないと考えられている。

・参考情報

関連団体 社団法人 全日本トラック協会 http://www.jta.or.jp

陸上貨物運送事業労働災害防止協会 http://www.rikusai.or.jp

関連資格 大型自動車運転免許 フォークリフト運転者 けん引免許

当サイトのご利用3STEP
詳細検索アイコン