ハロワ 転職支援求人ネット

現在の検索条件を非表示にする

運搬・清掃・包装等の職業

  • 全てのカテゴリ

運搬・清掃・包装等の職業

の採用情報検索結果46,113件中 26 - 50 件を表示

ビル清掃員の職業について

・どんな職業か

オフィスビルをはじめ、店舗、学校、病院など、様々な建物の清掃を行う。 ビル清掃には、大きく分けて室外清掃と室内清掃がある。室外清掃では外壁や窓ガラス、屋上、玄関などの外回りといった、ビルの外側の清掃を行う。室内清掃では、床、壁や天井、ドア・ガラス、照明器具や吸排気口、トイレや湯沸かし室などの清掃とゴミの回収を行う。 室内清掃のうち床の清掃については、建材に合わせた清掃方法で行う。塩化ビニールタイルなどの弾性床材の床では、日常的にはダストモップや自在ぼうきなどでちりやほこりを取り除く作業を行い、定期的には床に付着した汚れをモップで拭き取った上で、汚れや傷みから建材を守るためにワックスがけを行う。カーペットの床では、掃除機でほこりを取り除き、必要に応じてしみ抜きや洗浄を行う。 トイレや洗面室など汚れやすい箇所は、1日に数回見回って念入りに清掃し、トイレットペーパーなどを補充する。 事務所や店舗など昼間使用される場所では、夜間や早朝にゴミの回収や清掃を行う。毎日行う日常清掃では、毎日頻繁に使用され、汚れの激しい場所の清掃を行い、1週間~1ヶ月に一回行う定期清掃では、汚れの少ない場所や日常清掃で十分にできない場所の念入りな清掃、損傷部分の補修、内装材の保護処理などを行う。

・ビル清掃員に就くには

入職にあたって、特に学歴や資格は必要とされない。他の職業からの転職や主婦の再就職など、中途採用も多い。 正社員として入社した場合は、2~3年で現場指導者、その後数年で現場主任補佐、そして現場主任へと昇進するのが一般的である。現場責任者になると、作業計画や人員配置計画を立てる仕事も行う。 関連する資格として、厚生労働省が認定する技能検定の「ビルクリーニング技能士」の資格があり、資格を取得すると技術の証明として評価される。 建材・洗剤の知識や、機械や洗剤・床維持剤の使い方などの作業方法について習得する必要がある。 他人の事務所や店舗で作業をするので、信頼の置ける人であることが大切な条件である。きれい好きで几帳面である人、共同作業が多いことから協調性のある人が向いている。

・労働条件の特徴

一般のオフィスビル、デパート、店舗ビル、学校、病院、ホテル、美術館、共同住宅などの建物や、遊園地や野球場などの野外施設で働いている。総合ビル管理会社や専門のビル清掃会社に雇用されて働くのが一般的で、契約先の建物で清掃を行う。 就業者は中高年齢者が多い。男女比は女性が7割程度となっているが、高所作業などのある屋外清掃では男性が多く、パートタイマーでは女性が圧倒的に多い。他の仕事からの転職者も多く、入職・離職の動きが大きいのが特徴である。 パートタイマーが多く、学生アルバイトも働いている。賃金形態は、正社員は月給制、パートタイマーは日給制または時間給制、アルバイトや臨時社員は時間給制の場合が多い。 労働時間は、正社員の場合は1日8時間、パートタイマーの場合は2~3時間が一般的である。営業時間外に清掃をしなければならない建物も多く、その場合は早朝や夜間に作業を行う。

・参考情報

関連団体 社団法人 全国ビルメンテナンス協会 http://www.j-bma.or.jp

財団法人 建築物管理訓練センター 電話:03-3805-7575 FAX:03-3805-7578

関連資格 ビルクリーニング技能士

列車清掃員の職業について

・どんな職業か

列車には、新幹線、特急や急行、通勤用や団体専用などがあるが、乗客が気持ちよく衛生的に利用できるように、定期的に各種車両の外部や内部を清掃したり、座席のカバーを取り替えているのが列車清掃員である。 毎朝、列車が基地を出発すると、清掃員は折返し駅でゴミを取り除く「折返し清掃」を行う。「乗込み清掃」では、営業中の列車に乗り込んで作業を行う。 一日使用された列車が基地に帰ってくると、床掃除をして窓や座席の汚れを落とす「日常清掃」(毎日清掃)を行う。月に一度は「全般清掃」(月清掃)を行う。これは最も大がかりな作業で、基地内で車両の外部を車両洗浄装置を使って機械洗浄したり、ブラシを使って手作業で全体をきれいにする。 具体的な作業としては、内部の床面は、掃除機をかけてモップで拭き、ワックスをかける。座席のホコリを掃除機や毛バケで払い、窓ガラス、灰皿、洗面所やトイレの汚れを洗剤やたわしを使って落とし、清潔に仕上げる。カーテンを整え、ゴミ箱のゴミを集めて座席の白布カバーを取り替え、洗面所の石けんやトイレットペーパーを補充する。

・列車清掃員に就くには

事業所は全国にあり、大都市周辺の事業所では常時求人をしている会社もあり、比較的容易に入職できる。学歴や資格は必要ないが、職場は鉄道の構内等にあるので、定められた規則に従い、安全面は特に注意しなければならない。健康で繰り返し作業を行う忍耐力があり、信頼のおける人が求められる。きびきびとこまめに動ける人が向いている。 具体的な仕事は、現場での簡単な説明や実作業の中で習得していく。 若くして就職した場合は、各会社により職名は異なるが、一般的に整備係から主任・組長・班長、作業長、副長、次長、所長という昇進の道がある。副長以上になると、鉄道会社と打ち合わせながら現場の作業計画や人員の配置計画を立てる仕事を行う。

・労働条件の特徴

列車の清掃整備の仕事は、鉄道会社から委託された清掃会社が行っている。列車清掃員は清掃会社に所属し、車両の基地や駅で仕事をしている。 全体的には約4割が正社員ではなく、臨時雇用となっている。女性の割合は年々多くなっており、最近では新幹線東京駅や関西空港駅などで、若い女性グループの清掃作業姿が見られる。年配者では鉄道会社からの再就職者も多い。 労働時間は、常勤の場合1日7~8時間となっている。日勤のほか、列車が運行を終えた夜間の作業が多いため、夜勤や一昼夜交替の24時間勤務もある。 車両の清掃整備作業は鉄道と共に歩んでおり、鉄道会社の業務量の増減に関係して需要が増減している。今後の労働需要の見通しについては、横ばいか微増と見られている。

・参考情報

関連団体 一般社団法人 日本鉄道運輸サービス協会 http://www.jrts.or.jp/

当サイトのご利用3STEP
詳細検索アイコン