ハロワ 転職支援求人ネット

現在の検索条件を非表示にする

保安の職業

  • 全てのカテゴリ

保安の職業

の採用情報検索結果38,739件中 1 - 25 件を表示

道路パトロール隊員の職業について

・どんな職業か

自動車が高速道路等を安全かつ円滑に走行できるように、道路をパトロールして交通事故や路上障害物、路面の異常などの異常事象を未然に防ぎ、また交通事故や風水害、地震などの異常事象が発生した場合には、警察・消防と協力し早期回復を図るとともに、後続の車による2次的な事故を防止する。 特に高速道路と一般有料道路の道路パトロール隊員は交通管理隊員と呼ばれ、2人1組で巡回車(パトロールカー)に乗り、1人が運転、もう1人が路上監視・無線連絡・記録等の業務を行いながら道路の巡回を行う(定期巡回)。その際、交通事故や路上障害物(落下物等)などの異常事象を発見した場合には、落下物を取り除いたり、警察等と協力して交通規制や交通整理を行い、その対処にあたる。 また、定期巡回以外の時間は、巡回車の点検・整備のほか、巡回の報告書等の作成、専用機器を使っての交通・気象状況の収集などを行い、緊急事象が発生した場合には、いつでも出動(緊急出動)できる体制をとっている。

・道路パトロール隊員に就くには

学歴は高校卒業程度で、緊急自動車の運転資格を得るために普通自動車運転免許取得から2年以上経過していることを採用条件としている場合が多い。定期的な採用はあまりなく、欠員が出た場合に公共職業安定所や新聞、求人広告などを通じて、その都度募集している。他の職業からの転職者が多い。 採用されると2人1組のチームを組み、現場での実地研修を行う。初めのうちはパトロールカーの後部座席に同乗して、巡回の方法、無線連絡の仕方、緊急事態の対処方法などを実際に経験しながら仕事を覚える。デスクワーク時には、報告書などの書類作成方法や仕事に関係する法律や規則を覚える。隊員から班長・副隊長・隊長(会社によって呼び方は異なる)へと昇任(班長以上が管理職となる)するのが一般的である。 道路パトロールには法律を守る精神と責任感が必要であり、どんな事態にも対処できるための的確な判断力や冷静さが重要となる。

・労働条件の特徴

高速道路の100kmに1箇所程度ある管理事務所に出勤する。1つの管理事務所では約10~30人が働いている。 交通管理の仕事は24時間体制となっており、1回の巡回は2時間程度で1日に数回行う。昼間勤務と深夜勤務を交替で行い、ローテーションに合わせての週休二日制がとられている。例えば、昼間勤務3回、夜間勤務1回、休み2回となっている場合がある。ただし、土曜日・日曜日が休日と決まっている訳ではないため勤務形態は変則的である。 この仕事は屋外で自動車に乗務している時間が長く、事務室での執務中でもいつ緊急事態が発生しても対応できる体制をとっておく必要があり、たえず緊張感が要求される。 平均年齢は30歳半ばで、深夜労働があるために女性は少ない。 高速道路などでは一般の道路よりも高い安全性が求められるため、高速道路の開通距離が伸びるにつれて、道路パトロール隊員は増えてきた。今後も高速道路の開通の推移によっては需要が見込まれる。

・参考情報

関連資格 緊急自動車運転資格 大型自動車運転免許

当サイトのご利用3STEP
詳細検索アイコン