ハロワ 転職支援求人ネット

現在の検索条件を非表示にする

生産工程の職業

  • 全てのカテゴリ

生産工程の職業

の採用情報検索結果106,497件中 1 - 25 件を表示

化学製品製造オペレーターの職業について

・どんな職業か

石油化学工場や化学工場で各種装置の運転管理を担当するのが化学製品製造オペレーター(運転員(プラントオペレーター))である。 製品は日夜連続して生産され、なかには4年間連続で稼動する装置もある。 また、運転員の担当は、「計器室担当」と「屋外担当」の大きく2つに分かれる。 「計器室担当」の業務は、各種装置の運転が自動化され高度に制御されているため、基本的にはコンピュータ画面の情報の監視が主たる業務となるが、生産量や品種が変更される時やトラブルの際には、運転マニュアルに沿った対応を行なっていくことが求められることとなる。 一方、「屋外担当」の場合は、大型の装置など屋外のパトロール業務が中心となる。装置の稼動状況を確認し、異状の早期発見に努めるとともに、運転条件の各種変更に伴う機器の切り替えや、トラブル発生の際には、「計器室担当」と緊密に連携をとりながら対処することが求められる。

・化学製品製造オペレーターに就くには

入職に当たっては、高卒以上で、専攻はエ業系であることが望ましいが、社内研修(Off-J-T)は充実しており、また、実務を通して学ぶべき内容や機会も多いことから、入職後に運転員に必要な知識・スキルを得ることは、十分に可能である。 職務に関する知織・技能は 入職後の社内研修や実務経験を通じて着実に向上していくこととなるが、実務経験の重要性が大きく、一人前(一人でできる)の運転員となるためには、概ね7、8年以上の経験が必要となる。 勤務形態が基本的には交替勤務であり、交替チームに欠員を発生させないよう、運転員は自らの健康管理に気を配り、体調管理に責任を持つ姿勢が必要である。また、最新の技術の習得に対する意欲と、自ら進んで勉強するという姿勢は欠かすことができない。さらに保安事故や環境問題を起こさないために法的規則や決められたルールを守るという遵法精神・コンプライアンスの意識と、それを実行するという態度が極めて重要になる。

・労働条件の特徴

勤務は、24時間連続運転に対応するため、一般的に交替勤務となる。 基本は8時間勤務(三交替)だが、場合によっては12時間勤務(二交替)となることもある。 定員を定めて交替チームを構成し、チームのメンバーそれぞれが役割を分担しあうことから、チームの誰かが休暇等で欠員を生じる場合は、別のチームのメンバーが早出又は残業を行なって定員を確保することとなるため、一定の時間外勤務が生じることとなる。 さらに1~4年に1回の割合で装置の点検・修理を行うための停止・スタート操作が必要となり、この点検・修理・エ事の期間は運転員も多忙を極めることから、多くの時間外勤務が発生することとなる。 なお、こうした夜勤を含む特別な勤務形態に対応し、通常の深夜業手当の他に、交替勤務に対する手当が支給されることが一般的である。

・参考情報

関連資格
高圧ガス製造保安責任者 危険物取扱者 ボイラー技士 第一種圧力容器取扱作業主任者 特定化学物質

鉄骨工の職業について

・どんな職業か

高層ビルなどの大規模な建築物や構造物を支える鉄骨を工場で製作する。 まず、コンピュータやCADを使って、設計図に基づいてNCデータ・原寸型板・材料リスト・製作図面などの資料を作成する(原寸作業)。鉄骨などの形状は毎回異なるため、設計図どおりに製作するためには原寸図面の作成などの作業が必要となる。 次に、鋼厚板や形鋼などの材料に加工位置を示す罫(け)書き線を記入し、機械やレーザー、ガスで切断したり、プレス機やローラーで曲げたり、ボルト締めをするための孔をボール盤であけたりして部品を作る(素材加工)。加工した部品を一つ一つクレーンで吊って、溶接しながら組み立てる(溶接・組立)。最後に、製品の細部を削って仕上げたり、変形したところを加熱して矯正し、完成させる(仕上げ)。 完成した製品は検査を行い、溶接部の内外に欠陥が無いこと、所定の寸法精度を確保していることを確認する。その後、建設現場に輸送し、現場でのボルト締めや溶接を行う。 工場ではコンピュータ制御による加工の自動化が進んでいるが、特に組立や矯正の作業などにはまだ経験と勘に頼る部分が残っている。

・鉄骨工に就くには

入職にあたって特に資格は必要とされない。高校や高専を卒業して就職するのが一般的である。 入社後は、いくつかの製作工程での作業を経験しながら、図面や指示書を読み取るための能力や溶接などの専門技術を身に付ける。 溶接の資格や「鉄工技能士」の資格を取得するためには、社内外で研修を受けて検定試験に合格する必要があり、各種の技能資格の取得とともに管理能力を身に付けると職長への昇進の道が開ける。なお、溶接の作業を行うには資格が必要となる。 重い物を扱う作業もあるため、体力が必要である。数人でチームを組んで仕事をするので、協調性も求められる。

・労働条件の特徴

鉄骨などの鋼構造物を作る会社の多くは中小企業であるが、超高層ビルの鉄骨などは大企業が製作している。労働条件は、企業規模および都市部と地方とによってかなりの格差がある。 就業者は男性が多い。最近ではCAD(Computer Aided Design)を使った原寸図面の作成作業や機械設備のオペレーターとして、女性も増えている。 雇用形態は、工場に社員として雇用される場合と各工程の技術を持った社外工として働く場合があり、社員と社外工では給与形態が異なっている。 基本的に工場勤務であるため、転勤はなく、勤務時間や休日も安定している。 鉄骨は建設する構造物ごとに設計作業から始める受注生産であるため、大量生産ができず、工程の自動化が難しい。 そのため、鉄骨工の技術が製品の仕上がりを左右する部分が多く、労働需要は安定している。

・参考情報

関連団体 社団法人 鉄骨建設業協会 http://www.tekken-kyo.or.jp/

関連資格 鉄工技能士 建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者 ガス溶接技能者 ガス溶接作業主任者 溶接技能者

惣菜製造工の職業について

・どんな職業か

百貨店、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどで販売する様々な惣菜を作る。 惣菜とは、もともと日本人の主食である「ごはん」に対する副食の「おかず」のことであるが、現在では弁当や調理パンなどを含めた調理食品全般を指すようになっている。惣菜の種類は、和風、洋風、中華風のほか、季節の野菜・魚介類を使ったものや郷土料理など様々なバリエーションがある。 仕事は、様々な食材を調理してそれを商品の形に整えることで、製造工程は、前処理、調理、包装の三部門に大きく分かれる。 まず、原材料となる野菜・肉・魚介などの材料について、様々な道具や機械を使用して洗浄、皮むき、裁断、不要部分の除去などの前処理を行う。次に、混合したり、味付けをしたり、煮炊きするなどして調理する。調理後は冷却し、必要に応じて殺菌してから、商品として決められた分量に分けて、容器にパック詰めする。 作り始めてから出荷するまでの時間が短いので、風味と鮮度を損なわないよう手際よく仕事を進める。仕事のほとんどは共同作業であるため、他の部門との連携も重要となる。人の口に入る食品であるため、材料の鮮度や衛生面に留意するとともに、栄養があって美味しく作ることが求められる。

・惣菜製造工に就くには

入職にあたって、特に資格や免許は必要とされない。学歴は高卒以上が一般的で、農業科・水産科・食品工業科、栄養科などの出身者が多い。 入職経路は、新卒の場合は学校からの紹介が最も多く、自由応募、縁故による採用もある。中途採用の場合は、職業安定所と求人広告がほとんどである。女性の就業者が多く、退職率が比較的高いため、中途採用の機会も多い。 食べ物や調理に興味があり、食材・食べ物・食品衛生に関する一般的な知識を持っていること、食材や製品の見た目や臭いに敏感であることが求められる。また、最近は機械化が進んでいるので、機械を使いこなす能力が求められ、自動化した機械に対しては、自動制御システムへの理解と応用が必要になることもある。 一通りの仕事は半年ほどで覚えることができるが、その後は、調理技術を指導する主任や班長などの中間管理職になる道や、調理技術や食品の取り扱い、流通の仕組みなどを身につけて、調理師になったり食堂・レストランの経営者として独立する道がある。

・労働条件の特徴

惣菜製品のほとんどが百貨店・スーパー・コンビニエンスストアなどで販売されるので、就業地は都市周辺の輸送や通勤に便利な地域に多い。 就業者の約70%を女性が占めている。そのほとんどが臨時従業員やパートタイマーで、中高年齢層が多い。繁忙期には、季節的な従業員や学生アルバイトなどを採用することもある。 鮮度が大切なので、深夜や早朝に作業をする工場もあり、早番・遅番の交替制勤務となっている場合が多い。また、花見弁当やおせち料理などの季節には、時期により休日出勤や残業をすることもある。 仕事は空調の整った清潔な室内での共同作業がほとんどである。立ち作業が多く、仕事によっては冷蔵庫へ出入りすることもある。直接食品に触れるので、衛生面についての正しい管理が必要であり、作業の前には手や指の消毒を行い、消毒済みのエプロン・帽子・マスク・手袋を着用する。 ライフスタイルの変化や、高齢化、女性の社会進出などに伴って惣菜の市場は拡大しており、また、惣菜製造の工程は手作業に頼る部分が多いため、今後も一定の労働需要があるものと考えられる。

・参考情報

関連団体 社団法人 日本惣菜協会 http://www.souzai.or.jp/

関連資格 惣菜管理士 調理師

ビール製造工の職業について

・どんな職業か

ビール醸造所において、ビールの製造に従事する。 日本のビール業界は、長い間大手メーカーによる寡占状態が続いてきたが、1994年の規制緩和によって小規模ビール工場の存在が厳しい条件付きながらも認められ、今日では日本各地の小規模醸造所でも様々なタイプのビールが造られている。ビールを造る仕事の内容は醸造所の規模によって異なるが、基本となる工程は同じである。 ビール造りでは、タンクや配管の洗浄・消毒を丁寧に行うことが大切である。ビールの場合アルコール度が低く、ビール酵母もどちらかといえば弱い発酵力しかないので、消毒が美味しいビール造りの基本となる。 仕込みは、粉砕した麦芽をお湯に浸して麦汁を造ることから始まる。麦汁に苦みをつけるホップを投入して約一時間煮込み、最後に香り用のホップを投入する。煮込みの終了した麦汁は、熱交換器を通して急冷しながら発酵タンクに移し、ここに酵母を投入すれば仕込みが完了する。 これから数十日間をかけて発酵・熟成させて出来上がったビールはろ過された後、製品タンクに移され、ステンレス樽やびんに詰められて出荷される。 大きなビール工場では、操作マニュアルに従えば、全く同じ品質のビールが自動的に造られるが、小さな醸造所では多くの作業が手作業になっており、個々人の技能・努力が製品に反映される余地が大きい。

・ビール製造工に就くには

入職にあたって、資格や学歴などは特に必要とされない。他のどの醸造所にもない美味しいビールを造りたいという意欲が重要である。もちろん、食品衛生の知識や醸造の知識があることが望ましいが、学ぶ意欲があればその習得は就職してからでも可能である。 ビール造りは、最初は作業を習いながら手伝いから始める。しかし、ビール醸造を学ぶにつれて自分でコントロールできる部分が広がり、やがては味を意図的に調整したり新しいレシピをつくったりすることも出来るようになる。熟練してくれば、単に与えられたレシピに従って「作業」をするのではなく、経営者や顧客と一体となって新たなレシピづくりにも挑戦できる。その意味では、段階を踏みながらも、製造だけでなくマーケティングやセールスに精通することが重要である。

・労働条件の特徴

個性的で様々な味のビールを作り出している小規模な醸造所(ブルワリー)は、全国に300近くあり、約1,000人がこの職業に就いている。 タンクの洗浄は夏暑く冬寒い自然条件の中で行われる。仕込みの原材料や製品の運搬は重労働を伴うが、醸造所の規模によってはそれらの移動を重機で行う場合もあり、一概に全てが重労働とはいえない。 発酵・熟成期間は作業が少ない反面、仕込みやびん詰めでは朝から深夜までの作業となる。また、夏や観光シーズンには需要が大幅に高まるため、繁忙期には休暇を取りづらいという傾向にある。 ヨーロッパでは2千年近くにわたって豊かなビール文化が育まれてきたが、日本では大手メーカー以外では、最近になってようやく小規模のビール醸造が認められた。そのため、小規模醸造所はその地場産業としての基盤をこれからつくろうとしている段階にある。

ワイン製造工の職業について

・どんな職業か

ブドウからワインを醸造する作業に従事する人をワイン製造工という。 ワイン造りは、ブドウをつぶして皮ごと発酵させる赤ワインと、ブドウの皮や種を除いてしぼりとった果汁のみを発酵させる白ワインに分かれる。まず、つぶしたブドウやしぼった果汁の入った発酵タンクに、純粋酵母をブドウ果汁で培養した酒母(しゅぼ)を加える。すぐに発酵が始まり、1~2週間、毎日「諸味(もろみ)」の温度やアルコール度を測定したり、利き酒をして、発酵の正常な進行を確認する。赤ワインの場合は、発酵によって浮かび上がるブドウの皮を棒で突き崩してワインの中に沈める。発酵が終わると「おり」と呼ばれる残りかすを取り除いて熟成させる。 仕込み作業が集中する秋以外は、ワインの熟成・貯蔵管理、樽の詰め替え、ワインの濾過(ろか)なども行う。 ワイン造りはヨーロッパでは2千年の歴史があるものの、日本の酒類製造の中では比較的新しい職業である。機械化が進んではいるが、製造工程の基本に大きな変化はない。

・ワイン製造工に就くには

入職にあたって特に資格や学歴は必要とされないが、高校の食品製造科、工業化学科や大学の応用生命系学科の出身者が多い。 少人数で共同作業を進めるので互いに補佐、協力できる協調性が求められる。また、ワインの品質を判定するために常に利き酒が行われるので、経験を積んで利き酒能力を磨くことが大切になる。多くの作業に機械が導入されているが、伝統的な作業には体力が必要とされるものも多い。 ワイン造りは人間の勘や経験によるところが大きい。実地に仕事をしながら様々な部署で経験を積んで技能を修得し、熟練による判断力が備わるにつれて、ワイン造り全体を管理する立場(主任)になる。

・労働条件の特徴

ワイナリー(ワイン製造場)は、ブドウの産地に立地しているため山梨・長野・北海道・山形などが主な勤務地となる。 ワインの製造者(会社)は家族経営の小規模なものから大手洋酒製造会社まで国内に約180社ある。中小企業では数人、大企業の事務所では十数人のワイン製造工が雇用されており、最近は女性や若年者の就業が増えている。大企業では別のワイナリーや他の職場への転勤がある。 ブドウの収穫期である9~11月は繁忙期で、入荷・収穫したブドウをその日のうちにつぶすため、深夜までの残業、日曜・休日出勤もある。 最近の国産ワイン生産量の減少に伴い、ワイン製造工は減少の傾向にあると見込まれる。

・参考情報

関連団体 日本ワイナリー協会 http://www.winery.or.jp/

自動車整備工の職業について

・どんな職業か

自動車の走行の安全確保、および有害排出ガスや騒音の抑制などの環境保全のために、専門的な知識と技術を駆使して自動車の点検と整備を行う。 自動車の整備には、定期的に各部を点検し、機能の低下した部分を整備する定期点検整備と、故障や交通事故などの故障・異常箇所の整備がある。また、自動車は種類によって構造が異なるため、普通車や軽自動車など自動車の種類、エンジンの種類、構造などにより専門分野を分けて、点検・整備を行う。 整備工場などに持ち込まれた自動車について、エンジン、操縦、制動、緩衝、動力伝達などの各装置や燃料・電気関係の部品などを点検し、故障している箇所を発見する。装置を取り外して分解し、破損または磨耗している部品を交換・修理して、自動車の性能や機能を元通りに回復させる。 自動車の性能向上などに伴って、車検や定期点検などの予防整備が業務の中心となっている。

・自動車整備工に就くには

新規学卒者の場合は、学歴、資格、経験などは問われない。ただし、自動車の運転免許が必要とされることが多い。また、工業高校の機械科や電気科、大学の工学部など機械や電気に関する基礎的な知識をもっていると有利である。 「自動車整備士」の資格があれば入職に有利であるが、新卒の採用の場合には問われないことが多い。入職後、勤務しながら夜間や休日に講習を受けられる養成施設(自動車整備技術講習所)に半年~1年半通い、「自動車整備士」の資格を取得することもできる。 中途採用については、「自動車整備士」の資格を持ち、経験を積んだベテランの整備工が求められる傾向にある。 自動車の構造や装置は、年々複雑化、精密化しており、各種電子制御診断機器を使いこなすための知識や、新技術に対応できる高度な技術力が要求されてきている。さらに、環境や騒音などの問題への対応のため、高難度の整備・検査に対応する必要もある。

・労働条件の特徴

法律によって所定の期間ごとに必ず車検を行わなければならないため、全国に渡って事業所が存在しており、職場は全国に渡る。メーカー系自動車販売会社の整備工場や整備を事業とする会社などで働く。 地域密着産業のため、自動車ユーザーの利便性に合わせて、日曜・祝日に営業したり、会社帰りでも整備できるよう夜間に営業することもある。このため、休日は規則的でなく、交替制による週休二日制が一般的である。 高齢化が進んでおり、事業規模の小さい事業所ほど年齢が高い傾向にある。男性比率が圧倒的に多いが、女性も増える傾向にある。 屋内作業が中心で、騒音、振動の発生、油脂による汚れなどがある。 自動車の保有台数の伸びが鈍化しており、整備売上高の伸びも鈍化している。自動車の普及率などから見て、今後も保有台数に大幅な伸びは期待できないため、労働需要は横ばいの傾向にある。

・参考情報

関連資格 自動車整備士 整備管理者

金属材料製造検査工の職業について

・どんな職業か

金属材料製造検査工は、鉄鋼製造現場において、設備の点検・保全、設備の修理・診断、工事監督などを行う。 「点検・保全」作業では、五感点検または各種測定器を使用し、機械・電気設備の異常、劣化傾向をつかみ、その処置を判断する。この作業の目的は、設備故障や事故による生産休止時間を最小限に留めることであり、日常の点検はもとより、突発故障時の判断、応急修理、恒久修理工事計画、工程チェック等に関する幅広い知識・技能が要求される。 設備異常を発見した場合には、ライン休止可否判断、故障原因追及時の機械・電気判別等、迅速で正確な判断を行う。 「修理・診断」作業では、設備機器の解体・修理・組立・試験等の作業を行う。電気系の場合、生産設備において電気エネルギーを機械エネルギーに変換する電動機をはじめ、変圧器、遮断器等の全てがその対象であり、機器の原理特性、構造、機械的要素などのすべての知識・技能を修得している必要がある。 「工事監督」作業では、設備の新設・増設・改良工事における工程管理、技術的指導、安全管理、試運転調整等の監督業務を行う。工事監督の最も重要な役割は、設計者の意図・図面・理論などを正確に把握し、確実に工期内で工事工程を管理しながら、工事品質を確保していくことである。「工事監督」業務の遂行には、高度な知識と経験が要求されることから、通常は「点検・保全・修理・診断」等の各作業の経験を積んだベテラン層が工事案件に応じて対応している。

・金属材料製造検査工に就くには

入職にあたって、特別な条件や制限はない。高校卒業程度の知識があり、健康で勤勉な性格であれば点検・整備工はできる。ただし、設備の点検を行うため、機械や電気に関する資格があれば業務の遂行に有益であると考えられる。また、複雑な設備の詳細なところまで把握する必要があることから、好奇心旺盛で周囲との協調性に富む方が、早期に設備知識も醸成されると考えられる。 点検・整備工は、入社後にさまざまな研修や訓練をうけて一人前の作業者に成長する。基本的には、現場の上司や先輩が実地訓練の中で教え込み、設備に関する知識や点検や修理のノウハウを学んでいく。 点検・整備工になるための資格はないが、担当する設備により様々な資格を取得することとなる。また、新たな設備が設置されることや新たな診断・補修技術が開発されることがあるので、自ら積極的に知識を広げていく努力も求められる。

・労働条件の特徴

勤務は、午前9時前後から午後6時前後であり、一日約8時間の勤務が一般的なようである。ただし、鉄鋼生産設備は24時間稼動しているため、設備トラブルがあった場合などは、昼夜に関わらず対応する必要がある。それらを含め、点検・整備工の労働時間は、月平均160時間程度で、休日は年間100日前後のようである。 今後も、鉄鋼生産量は一定量が見込まれ、生産内容も高度化していくことが想定されているので、新設備設置工事、新設備点検・整備計画の新たな作成等、点検・整備工が活躍する場面は多いと考えられる。

・参考情報

関連団体 社団法人 日本鉄鋼連盟 http://www.jisf.or.jp/

関連資格
ボイラー技士 特定高圧ガス取扱主任者 機械保全技能士 電気主任技術者 計装士 電気工事士 危険

建築塗装工の職業について

・どんな職業か

建築物の外部や内部に塗料を塗って美しく彩り、日光や雨、湿気、スモッグなどで傷んだり汚れたりするのを防ぎ、あるいは快適な室内空間となるように仕上げる。いわば建築の仕上工であり、建物の美容師である。 まず、建物の持ち主と相談しながら建物の各部分の素材をよく調べ、適切な塗料や色合い(色彩設計)を決めて仕様書を作成、それに基づき施工計画書(施工要領書)を作成し、塗装作業に入る。塗装作業では、素地の状態を調べ、表面を塗装できる状態に調整した後、刷毛(はけ)やローラーブラシ、スプレーガンを使って塗装する。塗装工程はいろいろな異種塗料の組合せによってできているので、正しく施工要領書に基づいて施工されるように管理したり、できた塗膜の検査をすることも大事な仕事である。 最近では建築物のストック時代に入り、新築の塗装工事よりは、古くなった建物を再生するための塗装工事が主流となってきており、そのような工事では建物の傷み具合を調査・診断して塗装工事を進めるため、高い技術が必要とされる。

・建築塗装工に就くには

入職にあたって、特に必要な学歴、免許、資格はない。それぞれの塗装業者が広い範囲から人材を求めており、入職状況を見ると転職者が一番多く半数近くを占めている。入職後の努力により、技術・技能の向上を図り経験を積むことによって、塗装工から塗装工を現場などで管理する技術者へと進む道が開かれている。 「塗装技能士」、「建築施工管理技士」の資格をはじめ、関連の免許・資格を取得することにより、地位も安定し、給与面でも恵まれ、また昇進の可能性も高まる。経営能力を発揮して自営業として独立、開業する可能性も大きく、塗装工事業に小規模企業が多いのは、塗装工から自営業主へと独立するケースが多いことの表れである。 塗装作業そのものは一見単純作業が中心であるが、準備段階の複雑さや、あるいは仕事が他の職種と深いかかわりを持つことから、判断力や協調性、管理能力といったものが適性として求められる。 また、いろいろな作業環境での仕事に耐えるために、体力も必要である。

・労働条件の特徴

全体の約9割が従業者9人以下の小規模な事業所で占められているが、仕事の内容が進歩し複雑化するに従って規模が拡大しており、100人以上の大規模な事業所も都市部を中心に見られる。 塗装工事は、工場内で生産活動するのではなく、建設現場をはじめ建築物のある場所が仕事の場となるため、その労働条件は建設業一般と同様である。 賃金の支払い形態は、日給月給制の割合が5割弱、月給制が2割ぐらいである。 休日についても建設業一般と同様な傾向が見られ、土曜・日曜、祝日を休む4週8日制を目標とするようになっているが、工期の関係で、休日に働く場合もある。 建築塗装の分野では、塗装の質の充実を目指して新しい技術、工法の開発が行われている。高級ホテルやビルなどに用いられる工芸的塗装のデコレイティブ・ペインティングはその一例で、建築塗装工は塗装の技能に加えて美に対するセンスを必要とした職業になってきている。 また、塗装そのもののみでなく、塗装技能の「塗る」「貼る」「詰める」等の基本操作を活用して、塗装材料以外の他種類の材料による仕上げを同時に施工する様に範囲が広がってきており、「総合仕上げ工」として仕事をすることも可能となってきている。

・参考情報

関連団体 社団法人 日本塗装工業会 http://www.nittoso.or.jp

関連資格 塗装技能士 有機溶剤作業主任者 毒物劇物取扱責任者 危険物取扱者 建築施工管理技士

当サイトのご利用3STEP
詳細検索アイコン